入社1年未満でも転職できる?早期転職のメリットやデメリットについて

スポンサーリンク
転職

こんにちは、むさしです。

本日も「誰かの役に少し立つつぶやき」をモットーにやっていきます。

今回は、入社1年未満でも転職できる?早期転職のメリットやデメリットについてという内容でお話いたします。

皆さんは、

入社1年未満で1社目を辞める人なんか転職で相手にされない」

社会経験を積まないと転職は難しいから、無理してでも今の仕事を続けないと

早期転職を考えてはいるものの、このように悩んでいませんか?

私も転職を検討する際、同じように悩みましたので、気持ちは痛いほど分かります。

不安ですよね。

ですが結論から申し上げますと、入社1年未満でも転職することは可能です!

実際に私が、新卒で入社した会社を約半年で辞め転職することに成功しています。

ただ、入社1年未満での転職には、もちろんメリットデメリットが存在します。

今回は、実際に1年未満の社会経験で転職に成功した私が、入社1年未満でも転職が可能な理由と、そのメリットデメリットをご紹介いたします。

  • 入社1年未満で転職を検討している
  • 入社1年未満で転職するメリット・デメリットを知りたい
  • 実際に入社1年未満で転職した人の体験談を聞きたい

このような方々が入社1年未満で転職が可能である理由と、そのメリットデメリットを知ることができます!

ぜひ最後までご覧ください。

入社1年未満でも転職は可能です!

冒頭でも申し上げましたが、入社1年未満でも転職することは可能です!

理由としては、実際に私が転職できているからです!

これだけでは弱いと思いますので、1つのデータをご紹介いたします。

こちらは、厚生労働省が公表している「新規学卒就職者の離職状況(平成29年3月卒業者の状況)」という統計データです。

出典:厚生労働省

左上のデータを見ていただくと、11.6% の方々が入社1年以内に離職していることがわかります。

あくまで離職率ですが、この後転職している可能性は十分に高いと思われます。

つまり、入社1年未満でも転職している方はある程度いることがわかります!

入社1年未満で転職するメリット

続いては、入社1年未満で転職をするメリットについて解説いたします!

メリットは主に、

  • 社会人の経験を積んだうえで、また1からスタートできる
  • ストレスをため込まないで済む

以上の2点です!

それでは順番に解説いたします。

社会人の経験を積んだうえで、また1からスタートできる

1度社会人の経験があることで、例えば電話対応や名刺交換のやり方が身についていると思います。

このような、いわゆる社会人の基礎が身についたうえで、また1から社会人としてスタートすることができます!

思い返してみてもらいたいのですが、社会人としての基礎が全く身についていない入社当初は、かなり疲れませんでしたか?

すべてが新しいこと

という環境は、思っているよりも疲れると思います。

このような心配をする必要がなく、社会人について少し知った状態で1からスタートを切ることができます。

ストレスをため込まないで済む

こちらは1社目をすぐに辞めることによるメリットですね!

1年未満で辞めたい

と思っているということは、何かしら現在の会社に対してストレスが溜まっている状態だと思います。

このストレスを、早期に解決することができます!

3年働いてから転職

一般的にはこのように言われていることが多いですので、多くの方は3年働くまでストレスを溜めてしまいますが、このような心配がございません。

どのくらいのストレスかによりますが、ストレスを抱えたうえで働くほどしんどいことはありませんので、このメリットはかなり大きいと思います!

入社1年未満で転職するデメリット

次は入社1年目で転職するデメリットについて解説いたします。

デメリットは主に、

  • 次もすぐに辞めるのではないかと思われる
  • 転職活動中のアピールポイントが少ない

以上の2点です。

こちらも順番に解説いたします。

次もすぐに辞めるのではないかと思われる

入社1年未満で会社を辞めた方を採用するということは、採用する企業にとってもリスクの高いことです。

入社1年未満で会社を辞めている方は、

入社1年未満でも辞める選択肢を持っている

ということです。

採用しても、嫌なことが合ったらすぐに辞めるかもしれない

仕方のないことかもしれませんが、どうしてもこのように思われてしまう可能性は避けることができません。

ただ、1年未満で辞めることのできる方は、

行動力が高い人

であることも事実です!

言い方次第ではメリットにできるポイントでもありますので、よく考えましょう。

転職活動中のアピールポイントが少ない

1社目での業務経験が少ないことから、転職活動中にアピールできるポイントはどうしても少なくなってしまいます。

そもそも入社1年目は研修が多いと思いますので、

自分で何かを成し遂げた!

のようなアピールできる経験を得にくいです。

このような状況ですが、転職活動では前職の業務経験についてももちろん質問されます。

なかなか難しいとは思いますが、少なくとも何か1つはアピールポイントを持っておくことをおすすめします。

どうしても見つからない

という方は、仕事に対する姿勢でも良いと思います。

何か自分をアピールできるポイントを持っていないと、

この人はやる気がなかったのかな

と思われてしまいますので、気をつけましょう。

【まとめ】入社1年未満での転職を検討する皆さんへ

今回は入社1年未満での転職について、転職が可能である理由と、メリットやデメリットをご紹介いたしました!

入社1年未満で転職するメリット

  • 社会人の経験を積んだうえで、また1からスタートできる
  • ストレスをため込まないで済む

入社1年未満で転職するデメリット

  • 次もすぐに辞めるのではないかと思われる
  • 転職活動中のアピールポイントが少ない

入社1年未満で転職することは決して簡単ではありません。

実際に私も、かなり面接で落とされました。

ですが!

最終的には転職に成功していますし、不可能なことではありません!

今回ご紹介したメリットやデメリットを念頭に、ぜひ転職活動をスタートしてみてください。

転職活動を始めたいけど、何からスタートすればよいかわからない

という方がいらっしゃいましたら、まずは転職エージェントに相談してみることをおすすめします。

転職活動を1からサポートしてもらえるのはもちろん、現状の悩みを相談することもできますので、まずは何か1つ登録してみましょう!

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

転職
スポンサーリンク
musashi-tubuyakiをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント