社会人3年目で仕事できないと感じる方は、転職を考えると世界変わりますよ。

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

今回は、社会人3年目で仕事ができないと感じる方は、転職を考えると世界変わりますよ。という内容でお話しいたします。

あっという間に社会人3年目になってしまったけど、自分って仕事ができないな

社会人として仕事をしていると、このように悩むことはありませんか?

3年間ってある程度まとまった期間に感じやすいので、何か成果が出ていないと悩んでしまいますよね。

このまま仕事を続けて、できるようになるのかな

このようにネガティブになることも多いでしょう。

結論、このように仕事で悩んだら、転職を考える等、とにかく何かしらの行動を起こすべきです。

そこで今回は、社会人3年目で仕事できないと悩んだらやるべきことをご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 社会人3年目で仕事できないと感じる原因
  • 仕事できないと悩んだ時にやるべきこと
  • 3年目の重要性

ぜひ最後までご覧ください。

社会人3年目は仕事できないと悩みやすい

そもそもですが、社会人3年目は仕事に関して悩みやすいタイミングです。

  • 新人扱いがなくなる
  • 後輩ができる
  • 求められることが増える

このようなことから、仕事に対する緊張感が増し、悩む方は多いです。

また、こなさなければいけない仕事の量や質も上がることで、

自分は仕事ができない

と感じる場面も増えるでしょう。

このような社会人3年目の難しい状態は、データを見てもわかります。

出典:厚生労働省

厚生労働省が公開している新規学卒就職者の在職期間別離職率の推移によると、大卒の3年以内離職率は約30%以上となっています。

このように、社会人3年目までの方は仕事に対して悩むことが多く、退職という選択をしていることがわかります。

参考記事

社会人3年目が仕事できないと感じる原因とは?

では、社会人3年目の方が仕事できないと感じてしまう原因はどんなことが考えられるのでしょうか。

主な原因は、

  • 仕事内容が自分に合っていない
  • 同期や後輩との差が出始める
  • 仕事に対するモチベーションが低い

以上の3つです。

人それぞれ原因は異なるかと思いますが、多くの方が当てはまっているのではないでしょうか。

順番に解説いたします。

仕事内容が自分に合っていない

あなたが仕事できないと感じている原因は、仕事とのミスマッチが原因かもしれません。

自分って仕事ができないな

このように感じることが多いかもしれませんが、人間ですから、得意なこと不得意なことはあって当然です。

もちろん、それは仕事でも同じです。

あなたは営業が得意かもしれませんし、事務作業が得意かもしれません。

思い返してみてもらいたいのですが、

  • 早く丁寧にできる仕事
  • 上手くできない仕事

今まで行ってきた仕事でも、どちらかに当てはまると思います。

もし、あなたがメインでこなさなければいけない仕事が、自分にとって上手くできないと感じる仕事であるなら、異動転職をして自分に合った仕事をしていくほうが良いでしょう。

仕事ができないとネガティブになる心配もなくなりますし、将来の自分のためにもなります。

同期や後輩との差が出始める

同期や後輩社員とのが出始めることで、自分は仕事ができないと感じてしまうこともあります。

  • 同期は自分よりも成果を出している
  • 後輩社員と同じレベルの仕事をしている
  • 後輩のほうが仕事が早い

約2年間も時間がありますから、良くも悪くも仕事のレベルに差が出るのは当然です。

また、自分より働いている時間が1年少ないとはいえ、センスのある後輩社員がいるのも当然です。

周りと比較してしまい、自分を悲観してしまうことが多くなるかもしれませんが、

他人は他人、自分は自分

このような意識を持ち、昨日の自分より何か1つでも成長することを心がけましょう。

仕事に対するモチベーションが低い

仕事に対するモチベーションが低いと、仕事ができないと感じてしまうでしょう。

そもそもですが、

この仕事を成功させよう

という気持ちがなく、なんとなく仕事をやっているだけでは仕事を成功させることはできません。

つまり、普段の仕事でも上手くいかないことが増え、

自分は仕事ができないな

と感じてしまうことが多くなります。

このような方は、まずは自分が少しでもモチベーションを保てる仕事を行うことが大切です。

  • この仕事を成功させたい
  • この仕事は楽しいから続けたい
  • もっとできるようになりたい

このように、少しでも仕事に対してポジティブな感情を持つことが大切です。

この後ご紹介しますが、社会人3年目でも早めに転職異動を考えることをおすすめします。

参考記事

社会人3年目で仕事できないと感じたときはどうするべき?

社会人3年目で仕事できないと感じる主な原因をご紹介しました。

それでは、仕事ができないと感じたら実際にどうすれば良いのでしょうか。

解決策としては、

  • 自分はどうしたいか誰かに話してみる
  • 転職活動を始めてみる
  • 異動を検討してみる

以上3つの行動を起こしてみることをおすすめします。

NGなのは、何もしないことです。

現状に対して思うことがあるのであれば、行動あるのみです。

それぞれ順番に解説いたします。

自分はどうしたいか誰かに話してみる

まずは自分のなかの気持ちを誰かに吐き出してみましょう。

不安な気持ちを自分だけで抱えているとネガティブになりますし、今後どうするべきなのかわからなくなります。

まずはこのような状態になるのを避けましょう。

自分の気持ちを誰かに吐き出すことで、

  • スッキリする
  • やりたいこと、やるべきことが明確になる
  • 他者の意見を参考にできる

このようなメリットがございます。

私も不安を感じたときは誰かに相談するようにしていますが、前向きな気持ちになりますし、何より自分の気持ちが楽になります。

まずは自分のなかになる焦りや不安を払拭し、次の行動に移せる状態を作りましょう。

転職活動を始めてみる

個人的におすすめなのは、転職活動を始めることです。

先にご紹介したように、あなたが仕事できないと感じる原因は、あなたと仕事のミスマッチの可能性も考えられます。

人間ですから、得意なことはすぐに上達できますし、苦手なことは上達に時間がかかります。

ですので、自分に合った仕事を探すという点で、転職活動をしてみるのは非常におすすめです。

自分に合った仕事なんてわからない

このように感じる方も多いと思います。

そんなときは、転職エージェントと面談してみると効果的です。

  • 利用は無料
  • 転職のプロが自分に合っていそうな求人を毎日紹介
  • 転職活動の進め方は1からサポート

このように、転職については0ベースの方や、どんな仕事が良いのかわからない方でも転職活動を始めることができます。

すぐに転職をするつもりがない方は長期的な転職プランを組むことも可能ですので、ぜひチェックしてみてください。

異動を検討してみる

転職は難易度が高いかも

転職するためには今の会社を辞めなくてはなりませんので、少し気が進まない方も多いでしょう。

そのような場合は、異動の検討がおすすめです。

異動であれば会社を辞めずに業務内容を変えることができるので、転職活動や諸々の手続きが面倒だと感じる方にはおすすめです。

ただデメリットとして、異動は会社側に席がある部署にしかできません。

私は人事にチャレンジしてみたいです!

このような希望を伝えても、人事部に席がなければ異動できません。

仕事ができないと悩んでいるのであれば、少しでも自分がモチベーションを保って働ける仕事や得意な仕事をする必要があります。

その点を考えると、異動は行動の難易度は低いですが、不確定要素が多いのも事実です。

自分のやりたい仕事ができそうなら異動はおすすめですが、そうでないのであれば、少し難易度が高く感じるかもしれませんが、やはり転職を検討するべきでしょう。

【まとめ】社会人3年目で仕事できないと思ったら、早めの行動がおすすめ

今回は、社会人3年目で仕事できないと悩んだらやるべきことをご紹介しました。

  • 自分はどうしたいか誰かに話してみる
  • 転職活動を始めてみる
  • 異動を検討してみる

自分は何をするべきなのか、考えることができましたか?

いずれにせよ、早め早めの行動をおすすめします。

今日できないことは明日もできません。

誰かに相談してみたり転職エージェントに登録してみたりと、どんな些細なことでも良いので、今日少しでも行動に移してみることをおすすめします。

きっと将来のあなたのためになるでしょう。

本日も最後までご覧いただきありがとうございました。

この記事の執筆者
むさし

✓20代半ばの一般社会人
✓人間関係が原因で、大手ハウスメーカーを約半年間で退職
✓教育系ホワイト企業への転職に成功
✓若手社会人の方へ、仕事の悩み解消法や第二新卒の転職について発信

むさしをフォローする
仕事
スポンサーリンク
むさしをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント