営業を辞めたい新卒の方へ。辞めて転職も頑張って続けるも正解です。

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

今回は、営業を辞めたい新卒の方へ。辞めて転職も頑張って続けるも正解です。という内容でお話しいたします。

新卒1年目だけど、営業が辛すぎて辞めたい

あなたは営業を経験してから、このように悩んでいませんか?

何事も経験してみないとわからない辛さってあるとおもいますが、営業はまさに当てはまると思います。

辛いから辞めたい」「もう少し頑張ってみようかな

このように迷ってしまいますよね。

先に結論を申し上げますと、自分に合った選択であれば、どちらも正解です。

ただ、どちらが自分に合った選択なのか、なかなか判断しにくいですよね。

そこで今回は、新卒で営業を辞めるメリット営業を続けるメリットをご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 新卒で営業を辞めるメリット
  • 辛くても営業を続けるメリット
  • 新卒で営業から転職する方法

実際に私も、新卒でハウスメーカーに入社し、営業で辛い経験をしました。

そんな私が選んだ道についてもご紹介しますので、ぜひ最後までご覧ください。

\第二新卒が登録必須の転職サイト・エージェントはこちら!/
転職サイト・エージェント総合評価おすすめポイント
リクルートエージェント5.0圧倒的な求人数と手厚いフォロー!
マイナビジョブ20’s4.5第二新卒特化の間違いないサービス!
リクナビNEXT4.5転職者の約8割が利用!

新卒で営業を辞めたいと思ったらどうするべき?

先程も申し上げた通り、新卒で営業を辞めたいと思ったら、

  • 辞めて転職する
  • もう少し頑張ってみる

結論、どちらも正解です。

ただ、なんとなく転職したり続けたりすると、

なんであのときこの選択をしたんだろう

と、後悔する可能性が高いです。

ですので、自分に合った選択がどちらなのかは、深く考える必要があります。

そのために、まずは、

  • 新卒で営業を辞めるメリット
  • 営業を続けるメリット

これらを理解し、自分にはどちらのメリットが大きいのか知ることから始めてみましょう。

新卒で営業を辞めるメリット

まずは、新卒で営業を辞めるメリットをご紹介します。

  • 憂鬱な毎日を変えられる
  • 新しい業界・業種に転職しやすい
  • 自分に合った仕事に出会える可能性がある

以上の3つです。

早め早めの行動ができるのがポイントです。

それぞれ順番に解説いたします。

憂鬱な毎日を変えられる

恐らく1番望んでいることなのではないでしょうか。

個人的にも、新卒で営業を辞める1番のメリットだと思っています。

現状、営業が嫌で辞めたいと思っている方は、できるものならすぐにでも憂鬱な毎日を変えたいと思っていますよね。

  • 仕事に対するモチベーションがない
  • 時間がもったいない
  • 仕事が嫌になる

このように、憂鬱な気持ちで働く毎日は、自分にとってマイナスなことが多いです。

新卒で営業を辞めて転職することで、こんな毎日をすぐに変えられます。

自分がやってみたい仕事ができればモチベーションは上がりますし、少なからず今よりは仕事が楽しいと感じられるでしょう。

また、すぐに行動することで、無駄な時間を過ごさずに生活できます。

こんな毎日をこの先も続けるのは嫌だ

現在、このような気持ちがあるのなら、なるべく早めの行動がおすすめです。

新しい業界・業種に転職しやすい

新卒で会社を辞めて転職する場合は、「第二新卒」として扱われます。

転職市場において、第二新卒は、

  • 第二新卒歓迎の求人に応募できる
  • 未経験可の求人に応募できる
  • 他業界・業種にチャレンジしやすい

このように、メリットが大きいです。

自分は営業以外には転職できないんじゃないか

転職活動をする前はこのように感じるかもしれませんが、決してそんなことはございません。

第二新卒であれば、未経験の他業界・業種への転職が十分可能です。

実際に私が新卒1年目で転職活動をしていたときは、

  • エンジニア
  • キャリアアドバイザー
  • 事務職

このように、営業以外の求人でも選考に進むことができました。

年次が上がっていくと、未経験ジャンルや他業界・業種への転職がそれ相応に難しくなっていきますが、若いうちはそれほど難易度が高くありません。

いくらでもやり直しができます。

自分に合った仕事に出会える可能性がある

早め早めの行動や、他業界・業種に転職しやすいことから、自分に合った仕事に出会える可能性も高くなります。

  • 1度社会人を経験したうえで、自分に何が合っているのか考えることができる
  • 仕事選びに慎重になる

就活をしていた当時は、どうしても仕事のイメージがしにくかったと思います。

ですが、1度社会人を経験したことで、仕事がどんなものかは少なからず理解できたはずです。

このような状態で、就活よりも慎重に仕事選びができるので、自分に合った仕事に出会える可能性は高くなります。

また、先にご紹介したように、未経験可や第二新卒歓迎の求人にも応募できるので、選択肢の幅も広いです。

内定がもらえるかは別として、応募という観点では比較的「選び放題」に近いのは間違いありません。

営業を続けるメリット

次に、営業を続けるメリットをご紹介します。

  • 営業スキルが身につく
  • 年収が高くなる
  • コミュニケーション能力が上がる

以上の3つです。

自分の成長に繋がるほか、それが年収にも表れます。

こちらもそれぞれ順番に解説いたします。

営業スキルが身につく

当たり前のことかもしれませんが、営業を続けることで営業スキルが身につきます。

社会人にとって、営業スキルはあるに越したことはありません。

  • どこでも役立つ
  • 社内での調整も上手くなる
  • 仕事を思い通りに進めやすくなる

このように、営業スキルは営業だけに関わらず、仕事をするうえで重要です。

営業は商品を売ることはもちろん、取引先や社内関係者との打合せといった調整を頻繁に行います。

実際に経験しているあなたはわかると思いますが、非常に大変な仕事です。

ですが、それ相応にやりがいがある仕事でもありますし、経験することで自分にとって成長に繋がることは間違いないです。

営業スキルは、営業職じゃないと身につけることは難しいので、

今後のことも考えて、営業スキルはもう少し身につけておきたい

このように感じる方は、営業を続けるメリットが大きいかもしれません。

年収が高くなる

営業を続けることで、高年収を狙えます。

どこの会社でも、営業は比較的年収が高いです。

会社によってはインセンティブや営業手当がつくところもあるでしょう。

実際に私が働いていたハウスメーカーでもインセンティブ制度があり、営業成績が高い社員はかなり高年収でした。

普通に成績を上げている方でも約800万円、かなりの成績を上げている方は約2,000万円という方もいました。

このように、売るものの単価にもよりますが、経験を積んで高い成績をあげることができるようになれば、年収は高くなるでしょう。

仕事をするうえで、モチベーションが給料という方もいると思います。

このような方にとって、営業を続けることで高年収を狙うことはメリットに感じられるでしょう。

コミュニケーション能力が上がる

営業はとにかくコミュニケーションをとる機会が多いです。

毎日、社内外を問わず誰かと話さない1日はないでしょう。

実際に私は営業を経験したことで、例えば、転職活動の面接時や事務職として働く現在において、

人と話すのが上手だね」「営業やってた?

と言われることがあります。

このように言われたとき、

営業時代の知らないうちにコミュニケーション能力がついていたんだな

と思います。

つまり、営業を続けているだけで、ある程度のコミュニケーション能力が自然と身につきます。

仕事ではもちろんですが、普段生活するうえでも、コミュニケーション能力はあると便利です。

  • コミュニケーション能力を上げたい
  • ビジネスでの「話す、聞く」をレベルアップさせたい

このような方は、営業を続けることでリターンが大きいでしょう。

新卒で営業を辞めたいと思った私が選んだ道

ここまで、

  • 新卒で営業を辞めるメリット
  • 営業を続けるメリット

をご紹介しました。

では、新卒でハウスメーカー営業が嫌になった私はどんな行動をとったのかご紹介します。

私は、両者のメリットを考え、

営業は辛いけど、まだもう少し続けてみたい気持ちもある

というなんとも優柔不断な気持ちから動き出すことができませんでした。

そこで私は、「別の業界で違った種類の営業をしてみる」という決断に至りました。

具体的には、新規営業が主なハウスメーカー営業を辞め、ルート営業が主な他業界の会社に転職したということになります。

結果として、今はその会社で部署異動をし、営業職からは離れましたが、

  • 早め早めの行動ができた
  • 最低限の営業スキルが身についた
  • ハウスメーカー時代よりも楽しく営業ができた

このように、自分に適した選択であったことから、新卒で転職して良かったと感じています。

もう営業はしたくない

このように思う方は別の仕事を検討してみると良いですが、私のような気持ちがある方は、今の営業とは違った営業にチャレンジしてみるのもおすすめです。

新卒で営業から転職するためには?

新卒で営業から転職を検討するなら、迷わず転職エージェントを利用しましょう。

恐らく多くの方は、転職について右も左もわからない状態でしょう。

このような状況をすぐに解決してくれるのが転職エージェントです。

  • 転職活動を1からサポート
  • あなたに合った求人を毎日紹介してくれる
  • 利用は無料

このように、初めて転職活動を行う方にとってメリットが大きすぎます。

実際に私も転職エージェントを利用し、新卒1年目で転職を成功させましたが、

転職エージェントのおかげで転職できた

と今でも思っています。

転職活動をするうえで、これほど心強い味方はいないので、ぜひ自分に合った転職エージェントに登録してみてください。

何に登録すればよいかわからない

このように感じた方は、20代・第二新卒におすすめの転職エージェントをご覧ください。

私がおすすめしたい転職エージェントがまとまっておりますので、参考にしていただけると思います。

【まとめ】新卒で営業を辞めたい方へ

今回は、新卒で営業を辞めるメリット営業を続けるメリットをご紹介しました。

新卒で営業を辞めるメリット
  • 憂鬱な毎日を変えられる
  • 新しい業界・業種に転職しやすい
  • 自分に合った仕事に出会える可能性がある

営業を続けるメリット
  • 営業スキルが身につく
  • 年収が高くなる
  • コミュニケーション能力が上がる

営業を辞めて転職するのも良し、頑張って続けるも良しです。

ただ、「自分はどうするべきなのか」については、早めに考える必要があります。

やみくもに営業が嫌だなと思って働き続けるのが、自分にとっても1番しんどいと思います。

どちらの選択にしろ、自分のなかで決断することで、気持ちは大きく変わります。

今回ご紹介した両者のメリットから、自分に合った選択をして、行動に移してみてください。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

参考記事

この記事の執筆者
むさし

✓20代半ばの一般社会人
✓人間関係が原因で、大手ハウスメーカーを約半年間で休職→退職
✓教育系ホワイト企業への転職に成功
✓若手社会人の方へ、仕事の悩み解消法や第二新卒の転職について発信

むさしをフォローする
仕事
スポンサーリンク
むさしをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント