「仕事に行きたくない、辛い」という方へ。無理をするより休む努力が必要です。

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

本日も「誰かの役に少し立つつぶやき」をモットーにやっていきます。

今回は、「仕事に行きたくない、辛い」という方へ。無理をするより休む努力が必要です。という内容でお話し致します。

毎朝仕事に行きたくないと思ってしまう、辛い

特に日曜の夜や月曜の朝にかけて、しんどい思いをしていませんか?

  • きつい上司がいる
  • 自分に合っていない仕事をしている

など、辛いと感じている理由は人それぞれあるかと思います。

実際に私も、新卒で入社した企業では、

  • 上司との人間関係
  • 過酷な業務内容

これらが原因で仕事が辛くなり、休職や転職をした経験があります。

そんな私から、「これだけは伝えたい」ことがございます。

無理をするなら頑張って休んだほうが良い

ということです。

今回は、無理をするなら休んだほうが良い理由や、仕事が辛い時の対処法をご紹介いたします。

こんな方には特にオススメ!
  • 仕事に行きたくない
  • 正直キャパオーバーしている
  • 仕事のことを考えたくない

このような方々が、無理をするのはやめようと思えるような内容です。

ぜひ最後までご覧ください!

仕事に行きたくない主な理由

そもそも、なぜ仕事に行きたくないのでしょうか。

理由は人それぞれかと思いますが、多くの場合、

  • 仕事が自分に合っていない
  • 業務量が多い、もしくは少ない
  • 人間関係

この辺りに問題があるのではないでしょうか。

仕事をある程度継続していく上では、どれも重要なポイントです。

つまり、問題があってはいけない部分とも言えます。

もしこれら3点に当てはまっている場合は、なるべく早く対処する必要がありますので、まずは、

自分がなぜ仕事に行きたくないのか

を考えることで、原因を明確にしましょう。

仕事に行きたくない、辛いと感じたら休むべき理由

仕事に行きたくないし、正直辛いけど、行かなきゃ、、、

いいえ、無理をするなら休むべきです。

理由としては、

  • 体を壊す可能性があるから
  • 会社に行っても仕事が手につかないから
  • 悪循環になるから

主に以上3点です。

順番に解説いたします。

体を壊す可能性があるから

辛いけど、頑張らなきゃ!

精神的にも肉体的にも辛い状態で働き続けることで、体を壊してしまう可能性があります。

実際に私も経験しましたが、無理をしていると体は知らないうちに弱っていきます。

ですので、自分の感覚で、

辛いな

と感じることができるうちに休んだほうが良いです。

どんなに頑張って仕事に行ったとしても、体を壊してしまっては最終的に働くことができなくなります。

このような状態を避けるためにも、辛くて仕事に行きたくないと感じたら仕事を休みましょう。

会社に行っても仕事が手につかないから

無理して会社に行けたとしても、仕事が手につきません。

こちらも実際に私が経験済みですが、

  • 集中力の低下
  • 判断能力が鈍る
  • 頭がぼんやりする

というように、いつも通り働くことが難しいです。

思うように働けないことは、思っている以上にしんどいので、精神的な負担にもなりかねません。

今日は休んで、明日に備えよう

このように、今後仕事に行くためにも、辛い時には休むべきです。

悪循環になるから

辛いけど仕事に行った → 辛かった → 明日も辛いけど仕事に行く

これは悪循環ですし、かなりしんどいです。

この生活を続けていては、いつまでも悪循環が続きますし、解決の糸口がありません。

このような状態を避けるためにも、辛い時は休みましょう。

辛い時に1日でも休むことで、気持ちに余裕が持てることもありますし、

明日は頑張ろう!

前向きな気持ちになれることもあります。

辛い気持ちのまま働いても、仕事が嫌になるだけです。

悪循環に陥る前に手を打ちましょう。

仕事が辛い時の対処法

ここまで、仕事が辛いと感じたら休むべき理由を解説いたしました。

では、仕事が辛い現状を解消するためには、どのように対処すればよいのでしょうか。

具体的な対処法としては、

  • 上司や人事に悩みを打ち明ける
  • 休職する
  • 異動や転職

以上3点がおすすめです。

自分だけで抱え込まず、無理をしないことが第一です。

こちらも順番に解説します。

上司や人事に悩みを打ち明ける

仕事関係者に相談することがポイントです。

身近な人に相談することも大事ですが、仕事での悩みを実際に解決できるのは、自分と仕事関係者だけです。

まずはどんな些細なことでも良いので、辛いという事実を打ち明けてみましょう。

もちろん簡単にできることでないのは百も承知です。

言いにくいことだと思いますし、なかなか行動に移せない方も多いと思います。

ですが、そのせいで自分だけが苦しんでいては本末転倒です。

一瞬頑張る

そうすれば後は多少なりとも楽になりますので、少しだけ頑張って、現状の悩みを話してみてください。

休職する

本当に辛くて、毎日仕事に行きたくない場合は、休職を検討するのも1つの手段です。

頑張ることはもちろん必要なことですし、素晴らしいことだと思います。

ですが、「頑張ること」と「無理すること」をはき違えてはいけません。

辛いのに無理をして仕事に行くことは、「頑張ること」ではありません。

無理をすることで、更にしんどくなってしまう場合もあります。

まずは自分の体を第一に考え、辛い時はまとまった期間休むことも検討しましょう。

異動や転職

  • 人間関係が辛い
  • 業務内容を変えたい

このようなところに辛さを感じている方は、異動転職を検討しましょう。

また、上記の理由でなくても、環境を変えることで心機一転できるので、気持ちが晴れやかになることもあります。

異動であれば、まずは人事と相談してみると良いでしょう。

また、転職であれば転職エージェントと面談してみることがおすすめです。

転職についてサポートしてくださるだけでなく、仕事の相談にも乗ってもらえます。

おすすめの転職エージェントとして、

以上をまとめておりますので、ぜひ参考にご覧ください!

【まとめ】仕事に行きたくない、辛い時は休みましょう

今回は、仕事が辛い時は休んだほうが良い理由や、仕事が辛い時の対処法をご紹介しました!

仕事が辛い時に休んだほうが良い理由

  • 体を壊す可能性があるから
  • 会社に行っても仕事が手につかないから
  • 悪循環になるから

仕事が辛い時の対処法

  • 上司や人事に悩みを打ち明ける
  • 休職する
  • 異動や転職

人間ですから、誰しもずっと走り続けることはできません。

どこかで休憩も必要です。

辛い時は1度立ち止まってみて、ゆっくり休んでみてください。

今後について考える良い時間にもなります。

自分の体を第一に行動しましょう!

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

仕事
スポンサーリンク
musashi-tubuyakiをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント