仕事でキャパオーバーになっている新人さん、頑張りすぎていませんか?

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

本日も「誰かの役に少し立つつぶやき」をモットーにやっていきます。

今回は、仕事でキャパオーバーになっている新人さん、頑張りすぎていませんか?という内容でお話いたします。

若手社員の皆さん、頑張りすぎていませんか?

自分ではなかなか判断しにくいかもしれませんが、少し考えてみてください。

  • 1日の仕事が終わっても、翌日の仕事のことを考えてしまう
  • 毎日、明らかに自分1人では抱えきれない量の仕事を任されている

ほんの一例ですが、上記のような、いわゆる「キャパオーバー」の状態になっているようでしたら、皆さん頑張りすぎですし、少々危険な状態です。

このような状態が続くと、体を壊してしまう可能性が高いです。

今回は、キャパオーバーの状態になることを防ぐために、キャパオーバーになってしまう原因や、キャパオーバーになってしまったときの対応策について解説いたします。

  • 仕事が辛いと感じている
  • 仕事が段々と増えてきて不安を感じている
  • キャパオーバーになるのを未然に防ぎたい

このような方々が、現在の仕事状況について考えキャパオーバーの状態を少しでも解消する手段を知ることができます。

ぜひ最後までご覧ください。

新人社員が仕事でキャパオーバーになってしまう原因とは?

まずは、新人社員が仕事でキャパオーバーになってしまう原因について解説します。

原因としては、

  • 仕事量が多すぎて頭が回らなくなる
  • 残業が増えて休む時間がない
  • 自分ができない仕事まで、できると言ってしまう

主にこれら3点です。

つまり、無理をしてしまっているということですね。

頑張ることは素晴らしいことですが、無理をしてはいけません。

順番に解説していきます。

仕事量が多すぎて頭が回らなくなる

誰しも人間ですので、限界はあります。

自分ができる範囲の仕事量を超えてしまうと、1つ1つの仕事に対して上手く頭が使えなくなってしまい、キャパオーバーになってしまいます。

キャパオーバーになってしまうと、本来できるはずだった仕事までできなくなってしまうので、本末転倒です。

また、できるはずだった仕事ができなくなることで、自分を悲観してしまう可能性も高くなります。

このような状態にならないためにも、日頃から自分の限界については理解しておき、無理をしないようにしましょう。

残業が増えて休む時間がない

休む時間や、自分の時間が極端に少なくなると、キャパオーバーになってしまいます。

家と職場の往復になっている場合などですね。

残業続きの生活は、ある程度すると慣れてしまうこともありますが、体と頭が休まっていないことが現実です。

このような状態が続くと、知らない間に限界を超えてしまいます。

なんか疲れているな

このように、まだ疲れを感じられる限界を超える前に、なるべく対処しましょう。

自分ができない仕事まで、できると言ってしまう

新人の頃だと特にですが、

任された仕事は全てやらなければ

と感じてしまうことが多くありませんか?

できることはやる、できないことはすぐに覚える

このように考えることは大切なことですが、すべてを引き受けてしまうキャパオーバーになります。

新人の頃は、できることもできないこともあるのが当たり前です。

できないことは時間をかけて覚えれば、全く問題ありません。

先に述べたことと重なりますが、こちらに関してもまずは自分の限界を知り、できる範囲で仕事を引き受けることが大切です。

新人社員が仕事でキャパオーバーだと感じたときの対応策

次に、新人社員が仕事でキャパオーバーだと感じたときの対応策をご紹介いたします。

対応策は、

  • 上司や人事に相談

以上です。

これに尽きます。

身近な方に相談してみることや休日にしっかり休んでみることも、体を休め、気持ちを落ち着かせるためにはもちろん重要です。

ですが、仕事でキャパオーバーになっているのですから、仕事関係者に相談するしか解決の道はありません。

少しでも早く現状の環境を改善するために、

  • 仕事量の調整
  • 仕事内容の改善

これらをする必要があります。

もし、現在自分がキャパオーバーだと感じているのなら、早急に上司や人事に相談してみましょう。

すみません、キャパオーバーしています

この一言でいいので、言ってみてください!

上司や人事は、社員1人1人の状態を全て把握できているわけではありません。

自分のことを1番理解しているのは自分です。

これ以上キャパオーバーにならないためにも、一瞬だけ勇気を出して相談してみましょう!

今後、仕事でキャパオーバーにならないために

また同じようにキャパオーバーにならないために、早め早めの対応をしていきましょう。

そこで重視していただきたいことは、自分の限界を今一度知ることです。

ここに関しては、人によって異なる部分でもあるため、なかなか指標は出しにくいですが、

人と比べない

ということは意識したほうが良いでしょう。

もしかすると、あなたがキャパオーバーになってしまった仕事を、あなたの同期は簡単にこなすかもしれません。

ですが、そんなことはどうでもいいのです!

自分には自分の限界があり、他人には他人の限界があります。

その限界が他人より早くきてしまってもいいんです。

自分が崩れないことが1番大切ですからね!

ですので、自分が安心して仕事ができる環境を作るためにも、自分の限界については今一度理解しておきましょう。

今の仕事ではキャパオーバーの状態が解消できないと感じたら

あまり考えにくいですが、もし上司や人事に相談しても仕事環境が変わらない等、現在の職場ではどうしようもないときは、転職を考えたほうが良いです。

社員が声をあげても、何も変わらない企業は少々危険です。

早め早めの行動を意識し、1度転職について考えてみると良いでしょう。

私のおすすめとしては、まず転職エージェントに相談してみることです。

現状の職場での悩みを相談することもできますし、転職することで現状の悩みが解決できるのかを聞くことができます。

転職エージェントについてまとめた記事がございますので、合わせて読んでみてください!

また、もしもあなたが、

いきなり転職エージェントに登録するのは抵抗がある

と感じるのであれば、転職サイトに登録して求人を眺めるだけでもおすすめです!

まずは少しでも転職活動に触れ、今の職場に残るほうが良いのか、転職したほうが良いのかを深く考えてみましょう!

【まとめ】仕事でキャパオーバーになるまで頑張っている新人さんへ

今回は、キャパオーバーになってしまう原因や、キャパオーバーになってしまったときの対応策について解説いたしました。

キャパオーバーになってしまう原因

  • 仕事量が多すぎて頭が回らなくなる
  • 残業が増えて休む時間がない
  • 自分ができない仕事まで、できると言ってしまう

キャパオーバーになった時の対応策

  • 上司や人事に相談

キャパオーバーになる原因や対応策について、ご理解いただけましたでしょうか。

仕事を頑張ることは、非常に大切なことです。

ですが、キャパオーバーになるまで頑張る必要はありません!

自分を1番大切に、自分にとって無理のない程度に頑張りましょう。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

仕事
スポンサーリンク
musashi-tubuyakiをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント