新入社員でストレスから涙が出る方へ。無理や我慢ばかりする必要はない!

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

今回は、新入社員でストレスから涙が出る方へ。無理や我慢ばかりする必要はない!という内容でお話しいたします。

新入社員なのに既に仕事が辛すぎて涙が出る。情けない

社会人になってから仕事が辛く、気づけば涙を流していたなんて経験はありませんか?

まだ1年も働いていないのに…

このように思ってしまう方も多いと思いますが、新入社員だからこそ感じる悩みや不安は当然あります。

ですので、まずは自分を悲観せず、ネガティブに考えないようにしましょう。

ただ、辛いと感じたときに自分が取るべき行動に移せるかはとても重要です。

そこで今回は、新入社員の方が涙を流すほど追い込まれたときに取るべき行動をご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 新入社員がストレスで涙を流してしまう原因
  • ストレスに追い込まれたときの解決策
  • 何か行動に移してみる重要性

ぜひ最後までご覧ください。

新入社員がストレスで涙を流す原因

恐らくあなたは、とにかく現状が辛く、涙を流してしまった経験があるかと思いますが、辛いと感じる原因については理解していますか?

人それぞれ原因は異なりますが、多くの場合、新入社員の方がストレスで涙を流す原因は、

  • 無理して仕事をしている
  • 人間関係に問題がある
  • 不安を1人で抱え込んでしまっている

以上の3点に当てはまることが多いです。

あなたも思い当たることがありませんか?

それぞれ順番に解説いたします。

無理して仕事をしている

毎日無理をして働いていませんか?

どこからが無理をしているのかは判断が難しいところではありますが、例えば、

  • 明らかに仕事量が多くてキャパオーバー
  • 残業時間が多すぎる
  • やりたくない仕事を我慢してこなしている

このような場合、あなたは無理をしている可能性が高いです。

肉体的にも精神的にもどんどん辛くなりますので、涙を流してしまうくらい追い込まれるのは当然でしょう。

働く対価としてお金をいただくので、仕事をするうえで多少の我慢は必要かもしれません。

ですが、追い込まれるまで無理をする必要はありません。

現状、無理をして働いていると感じた場合は、何が原因で無理をしているのかを理解し、1つ1つ対処していくことをおすすめします。

人間関係に問題がある

職場の人間関係は良好でしょうか。

  • パワハラがある
  • コミュニケーションが極端に少ない
  • 誰も逆らえない上司がいる

このような場合は、職場の人間関係に問題があると言えるでしょう。

職場の人間関係が悪いと、毎日仕事に行くだけでもしんどいと感じてしまうでしょう。

実際に私も、新卒で入社した会社では、

  • パワハラがあった
  • 飲み会ではお酒を強要される
  • 上司が仕事を教えてくれない

このように、人間関係の面で非常に環境が悪く、かなり辛い思いをしました。

多くの場合、自分に非があるわけではないので余計に辛く、涙を流してしまうのも無理はありません。

人間関係は仕事をスムーズに行う上で非常に大切ですので、自分が変わってもどうにもならないと感じた場合は、異動転職を検討したほうが良いでしょう。

不安を1人で抱え込んでしまっている

仕事関係での悩みを、1人で抱え込んでいませんか?

悩みを感じたら、まずは自分の頭で考えてみることは大切だと思います。

ですが、1人で考えすぎるのは良くないです。

なかなか解決に結びつかないときは更に悩んでしまいますし、自分を追い込むことになりかねません。

結果的に余計辛くなり、ストレスで涙を流すこともあるでしょう。

ですので、この後にもご紹介しますが、ある程度1人で考えてもダメなとき、もしくは自分の考えだけで答えを出すのが怖い時は、周りの人に相談してみましょう。

新入社員がストレスで涙を流すほど追い込まれたら

ここまで、新入社員の方がストレスで涙を流してしまう主な原因をご紹介しました。

それでは、実際に追い込まれてしまったら、どのような行動をとるべきなのでしょうか。

おすすめなのは、

  • 誰かに悩みや不満を吐き出す
  • とにかく仕事を辞める
  • 転職活動をする

以上3つの行動に移してみることです。

追い込まれているときは何もしたくないかもしれませんが、それでは現状を変えることができません。

少しずつでもこれらの行動を起こしてみてください。

それぞれ順番に解説いたします。

誰かに悩みや不満を吐き出す

まずは、自分が感じている悩みや不満を誰かに吐き出しましょう。

先程もお話しいたしましたが、1人で抱え込むのは良くないです。

少しでも誰かに話し、外に吐き出すことで、ストレス発散になります。

相談相手については、

  • 会社の同僚や上司
  • 仲の良い友達
  • 両親

この人になら話せるかも」と感じる方ならだれでも良いです。

相談されたら迷惑じゃないかな

このように感じてしまう方もいるかもしれませんが、もしあなたが相談される立場だったら、話を聞くだけでもしてあげたいと思いますよね?

その気持ちは、あなたの周りの方も同じなはずです。

たとえ解決にならなくても、悩みを打ち明けるだけでかなりスッキリできるので、1人で抱え込まずに周りを頼ってみましょう。

とにかく仕事を辞める

あなたが悩んでいる原因は、大きく言うと仕事が原因ですよね。

であれば、思い切って仕事を辞めましょう。

そんな簡単な話じゃない

このように思うかと思いますが、我慢して仕事に行き続け、あなたの体を壊してしまうことが1番問題です。

それに比べれば、仕事を辞めることくらいなんてことありません。

  • 第二新卒として転職ができる
  • 働き方は正社員以外にもある
  • 若ければいくらでもやりなおせる

このように、新入社員の方であれば特にですが、将来なんてどうにでもなります。

実際に私も社会人1年目で仕事を辞めていますが、現在は転職をして普通に働いています。

私自身の経験としても、社会人1年目で仕事を辞めようが、なんてことないと感じています。

もちろん、あなたの気持ち的に「もう少しだけ頑張ってみたい」という気持ちがあるなら、それも良いでしょう。

ですが「もう無理かも」と感じるのであれば、仕事を辞めたほうが良いです。

相当追い込まれていると思いますし、早めの行動をとるに越したことはありません。

なかなか簡単なことではないと思いますが、ぜひ1度考えてみてください。

参考記事

転職活動をする

ストレスで涙を流すほどあなたを追い込む職場であるなら、転職を検討しましょう。

仕事を辞めてから転職活動を行うのも良いですし、働きながら行うのでも良いでしょう。

実際に私も社会人1年目で転職をしましたが、

  • 早めにストレスから解放された
  • 人間関係が改善された
  • 我慢しなくて良いと気づけた

このような理由から、すぐに転職して本当に良かったと思っています。

先にご紹介したように、新入社員の方であれば、第二新卒として転職活動を行うことができます。

特筆した経験やスキルがなくても、ポテンシャルで採用活動を行ってもらえるので、ハードルも高くありません。

働き続けることができるので生活も苦しくなりませんし、再スタートが切れるので、個人的には転職が1番おすすめです。

転職は気になるけど、なにから始めれば良いの?

このように思った方は、まずは転職エージェントに登録してみてください。

  • 転職活動を1からサポート
  • 自分に合った求人を紹介してくれる
  • 現状の悩みを相談できる

このように、サービスが充実しており、転職の知識が0ベースの方でもすぐに転職活動を始めることができます。

第二新卒におすすめの転職エージェント9選をご紹介しておりますので、ぜひ参考にしてみて、自分に合った転職エージェントに登録してみてください。

\すぐに求人だけ見てみたい方はこちらがおすすめ!/

私も新入社員のときにストレスで涙を流しました

社会人1年目の当時、私もストレスから仕事中に涙を流したことがあります。

毎日飛び込み訪問を行い、成果が出ないと上司からパワハラをされる。

そんな毎日が続き、しんどくなった経験があります。

結果的に、入社約半年で転職を決意し、今は良い会社に巡り合うことができましたが、

あのとき我慢して働き続けなくてよかった

と本当に思っています。

正直、私自身も社会人1年目で転職することは非常に迷いました。

将来的に大丈夫なのかなと感じたり、本当に転職できるのかという不安もありました。

ただ、経験してみると、そんなに迷うほどのことではなかったと思っています。

社会人1年目でも普通に転職はできますし、私より短い期間で仕事を辞め、転職に成功した方がいるという話も聞きました。

現状、将来が不安でなかなか行動に移せない方もいるかと思いますが、私は悩んでいるならとりあえず行動してみるべきだと思います。

その行動は絶対に無駄にはなりませんし、ダメならそのときに次を考えれば良いだけです。

何もしないと現状を変えられません。

将来の自分のためにも、ぜひ何か少しでもアクションを起こしましょう。

【まとめ】新入社員でもストレスに追い込まれたら行動すべき

今回は、新入社員の方が涙を流すほど追い込まれたときに取るべき行動をご紹介しました。

  • 誰かに悩みや不満を吐き出す
  • とにかく仕事を辞める
  • 転職活動をする

頑張ることは大切ですが、無理な我慢は必要ありません。

一生今の会社で働き続けなければいけないなんてこともありません。

いくらでも働く場所、働き方はあります。

悩んで自分を追い込まずに、どうにでもなると思えば少し気持ちが楽になります。

ぜひ自分が取るべき行動を起こしてみてください。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事の執筆者
むさし

✓20代半ばの一般社会人
✓人間関係が原因で、大手ハウスメーカーを約半年間で退職
✓教育系ホワイト企業への転職に成功
✓若手社会人の方へ、仕事の悩み解消法や第二新卒の転職について発信

むさしをフォローする
仕事
スポンサーリンク
むさしをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント