社会人2年目になってから辛い。現状の改善や転職について

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

本日も「誰かの役に少し立つつぶやき」をモットーにやっていきます。

今回は、社会人2年目になってから辛い。現状の改善や転職についてという内容でお話いたします。

社会人2年目になったら、精神的に少し楽になると思っていたが、むしろ辛くなった

社会人2年目の皆さんは、このように悩んでいませんか?

1年間の社会経験で仕事にも慣れてきた!

と思っていたのも束の間。

仕事に重みが出てきたり、周りと自分を比較したりと、何かと変化があるのが社会人2年目です。

実際に私も、社会人2年目の当時は、まさに仕事に重みが出てきたり、周りと比較されたりと、苦労したのを覚えています。

そこで今回は、社会人2年目が辛いと感じている方々に向け、辛いと感じている要因現状の改善策をお伝えいたします。

  • 現在社会人2年目で仕事が辛い
  • 社会人1年目だが、2年目に不安を感じている
  • 転職を考え始めている

このような方々が、辛いと感じる要因現状の改善策転職について知ることができます!

ぜひ最後までご覧ください。

一般的に社会人2年目は辛い?

まずはこちらの統計資料をご覧ください。

ソニー生命保険株式会社が、社会人1年目と2年目の方々に対して行った意識調査の結果です。

こちらの下段を見ていただくと、社会人2年目の方で、

すでに辞めたい

と回答している方は全体の25%、つまり4人に1人が現在の会社をすでに辞めたいと感じていることが分かります。

また、

定年まで働きたい

と回答している方については、社会人1年目の方が23.8%であるのに対し、社会人2年目の方は16%となっています。

これらの結果から、やはり一般的に、社会人2年目になってから辛いと感じている方は多いということが分かると思います。

現在社会人2年目で、

仕事が辛い

と感じている方は、何も自分だけではありません。

世の中にも社会人2年目が辛いと感じている方はたくさんいますので、自分を責めないようにしましょうね。

社会人2年目が辛いと感じる主な原因

統計の結果から、一般的に社会人2年目は辛いと感じている方が多いことが分かったと思います。

では、そもそもなぜ辛いのでしょうか?

ここでは、社会人1年目と2年目で生じる変化にフォーカスして、原因をご紹介いたします。

その主な原因は、

  • 後輩ができる
  • 周りと自分に差ができ始める
  • 仕事の量や質が一気に高まる

以上の3点です!

後輩ができる

社会人2年目になると、当たり前のことですが、1年目の後輩ができることが一般的です。

1年目の時を思い出してみてほしいのですが、2年目の先輩は年も近くて、社内では1番話しやすい存在になることが多いと思います。

つまり、1年目の方からすると、2年目の方は些細なことでも聞くことができる、いわば頼れる先輩です!

1年目の方にとっては「安心感」になりますが、2年目にとってはそれが「プレッシャー」に感じることもあるでしょう。

周りと自分に差ができ始める

社会人として1年間を過ごすことで、周りと差ができ始めるのも2年目です。

センスのある人っていますよね!

私も実際に、自分より仕事ができる同期を何人も見てきましたが、

すごいなー

と思うとともに、

なんで自分も同じようにできないのか

と思ってしまったこともあります。

1年間あるので、差ができないほうが珍しいんですけどね!

このように、周りと自分を比較してしまうのも社会人2年目です。

仕事の量や質が一気に高まる

社会人1年目は、研修やOJTというように、業務を知ることや覚えることがメインだと思いますが、社会人2年目になると、一気に仕事感が増します。

1人で任される仕事も出てくるでしょうし、頼まれる仕事の量も多くなるでしょう。

頼りにされている

と思うことで、モチベーションに変換できる方もいるかもしれませんが、プレッシャーに感じる方も多いと思います。

このように、いわゆる1年目とのギャップを感じることで、辛いと感じる場面が増えることがあります。

社会人2年目の辛い現状の改善策

社会人2年目が辛いと感じてしまう原因が分かったところで、次はその改善策をご紹介します。

改善策としては、

  • 後輩を後輩だと思わない
  • 自分のペースを崩さない
  • 無理なことは無理と伝える

以上の3点です!

後輩を後輩だと思わない

1年目の後輩を同期だと思ってみると、少し気が楽になりますよ!

自分は先輩だから、後輩の質問には答えられないと

というように気負ってしまうと、相当しんどくなります。

もちろん教えられることは教えたほうが良いと思いますが、1年多く過ごしたからってなんでも知っているわけではありませんよね?

また、中には後輩でも大学時代に相当勉強していて、入社した段階で自分より専門知識がある場合もあります。

先輩だから後輩より優れていなければいけない

このような考えを少しでも払しょくするために、まずは後輩を同期のように思うことから始めてみるのがおすすめです!

自分のペースを崩さない

周りと差ができ始めると、焦ってきますよね。

もっと頑張らないと、追いつかないと

このように思ってしまう気持ちはとても分かりますが、自分を苦しめることになるので、おすすめしません。

向上心があることは良いことですが、自分には自分のペースや限界があります。

まずは、

あの人はすごいけど、自分は自分!

というように、できるだけ周りと比較せず、昨日の自分より何か少しでも成長することを目指しましょう!

無理なことは無理と伝える

仕事の量や質が増してきても、今の自分がキャパオーバーしてしまうなら、

無理です!

としっかり伝えましょう。

もちろん簡単なことではないことは重々承知です。

ですが、何日も辛い仕事をこなすよりも、1度勇気を振り絞って、

無理です!

と伝えるほうが良いと思いませんか?

社会人2年目になると、任されることが多くなるので、

これは自分ができなくてはいけない仕事

と思ってしまうかもしれませんが、そんなことはございません。

前にもご紹介いたしましたが、自分は自分です。

無理なことは無理だと伝えてみましょう!

本当に辛い時は第二新卒として転職を検討しましょう

  • 現在勤めている会社では、仕事の環境が改善できない
  • 1からやり直したい

このように思った方は、転職を検討してみるのも良いと思います!

実際に私も上記のように思い、新卒で入社した会社を約半年で転職しています。

社会人ってこういうもの

という考えが備わっている状態で再スタートできますので、転職はおすすめです。

何から始めたら良いかわからない

という方は、まずは転職エージェントを利用してみると良いでしょう。

現状の悩みを相談できることはもちろん、転職活動の進め方を1から教えてもらうことができ、サポートまでしていただけるので、非常におすすめです!

第二新卒の方におすすめの転職エージェントをまとめておりますので、合わせてご覧ください。

今すぐ少しでも求人を見たい!

という方は、リクナビNEXTへの登録がおすすめです。

国内最大手の転職サイトということで、求人数もかなり多く、転職サイトとしても非常に使いやすいです。

転職活動の第1歩として、まずは転職エージェントや転職サイトを活用してみましょう!

【まとめ】社会人2年目が辛い方々へ

今回は、社会人2年目が辛いと感じている方々に向け、辛いと感じている要因現状の改善策をご紹介いたしました!

辛いと感じる要因

  • 後輩ができる
  • 周りと自分に差ができ始める
  • 仕事の量や質が一気に高まる

現状の改善策

  • 後輩を後輩だと思わない
  • 自分のペースを崩さない
  • 無理なことは無理と伝える

それぞれご理解いただけましたでしょうか。

社会人2年目は辛いかもしれません。

ですが、辛い現状を変えようとしない限りは辛いままです。

行動することは勇気がいることですし簡単ではありませんが、将来の自分のために、今回ご紹介したことを実践してみてください。

少しでも現状を変えられると思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

仕事
スポンサーリンク
musashi-tubuyakiをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント