定時上がりしても暇な社会人必見!仕事終わりにおすすめの過ごし方とは?

スポンサーリンク
仕事

こんにちは、むさしです。

今回は、定時上がりしても暇な社会人必見!仕事終わりにおすすめの過ごし方とは?という内容でお話しいたします。

定時上がりできるのは嬉しいけど、早く帰っても暇、、、

ホワイト企業で働く方や仕事が閑散期の方は、このような悩みを抱えていませんか?

少々贅沢な悩みかもしれませんが、時間だけが余るというのも結構しんどいですよね。

私自身、転職によってホワイト企業に入社できたこともあり、基本的に定時上がりできていますが、没頭することがなければ時間が余りすぎて辛いだろうなと感じます。

せっかく時間があるのですから、できることなら少しでも充実させたいですよね!

そこで今回は、定時上がり後におすすめの過ごし方をご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 仕事終わりの重要性
  • 定時上がり後におすすめの過ごし方
  • プライベートと仕事のバランスについて

ぜひ最後までご覧ください。

定時上がり後の過ごし方のパターン

定時上がり後の過ごし方としては、

  • 自己研鑽
  • リフレッシュ
  • ダラダラ過ごしてしまう

多くの方が、この3つのどれかに当てはまるのではないでしょうか。

そして、定時上がりで暇だと感じている方のほとんどは、3つ目の「ダラダラ過ごしてしまう」に当てはまっていると思います。

定時後にどう過ごすかは個人の自由ですので、ダラダラ過ごしてはいけないということではありませんが、暇だと感じてしまうのであれば生活を改善すべきです。

まずは定時上がり後の時間を、自己研鑽リフレッシュにあてることで、生活の改善を図りましょう。

定時上がりしても暇な社会人におすすめの過ごし方

ここからは具体的に、定時上がり後におすすめの過ごし方をご紹介します。

定時上がりしても暇な社会人の方は、

  • 副業
  • 資格の勉強
  • 読書
  • 趣味に没頭
  • 体を休める

以上5つの過ごし方をしてみてはいかがでしょうか。

主に自己研鑽リフレッシュに焦点を絞った生活です。

それぞれ順番に解説します。

副業

個人的に1番おすすめなのが副業です。

私が定時上がり後に暇だと感じていないのも、副業に没頭していることが理由です。

副業を始めることで、

  • スキルアップ
  • 収入アップ
  • 知見が広がる

このようなメリットがあります。

例えば副業でwebライターを始めれば文章力が向上しますし、ブログを始めればマーケティングスキルが身につきます。

また、定時上がりを繰り返していると残業代がでないと思いますが、副業をすることで収入アップを狙うことができます。

このように、副業には定時上がり後の時間を有効活用する以上のメリットがあります。

とはいっても、副業って難しいんじゃないの?

このように感じる方もいるかと思いますが、現在はスキルなしでもチャレンジできる副業がたくさんあります。

ここに関しては、挑戦しやすい副業5選で詳しく解説しています。

チャレンジしやすい副業だけでなく、副業をしていく上で身につけるべきスキルについても解説していますので、ぜひ合わせてご覧ください。

資格の勉強

続いては資格の勉強です。

資格は知識が身につくだけでなく、1度取得してしまえばスキルの証明にもなるのでおすすめです。

また、資格によっては転職活動に役立つものや昇給に繋がるものもあるので、仕事に活かすことも可能です。

難易度が高い資格は取得に必要な学習期間がかなり多くなってしまいますが、難易度が低い資格は数カ月学習すれば取得できますので、学習のハードルも低いです。

仕事終わりの時間だけの学習で取得できるものがたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

取りたい資格がない

このような方は、オススメの資格5選をご覧ください。

取得難易度が低く、実用性が高い資格をまとめていますので、チャレンジしやすいものから学習すると良いと思います。

読書

続いては読書です。

読書については、

  • いつでもどこでも本さえあればできる
  • リラックスできる
  • 知識が増える

このようなメリットがあります。

リフレッシュすることも可能ですし、自己研鑽も可能なので、一石二鳥です。

仕事終わりは何もやる気が出ないけど、少し読書だけしようかな

このように、副業や資格の勉強に比べて行動に起こすまでのハードルも低いので、最初の行動にはおすすめです。

何冊も本を買うとお金がかかるから、なるべく安く済ませたいな

このような方は、Kindle Unlimitedを利用してみてはいかがですか?

月額980円という破格の値段で、約200万冊以上の書籍が読み放題になります。

本を月2冊以上読みたい方、気になる部分だけ読みたい方にはこれ以上ないサービスですので、ぜひ利用してみてください。

趣味に没頭

続いては、趣味に没頭することです。

好きなことをして心と体をリフレッシュし、仕事の日も1日を充実させることができます。

  • 友人と会う
  • 1人で好きなことをする
  • 体を動かす

仕事終わりにできることで、自分がしたいことであれば何でも良いので、没頭できることをしましょう。

何かに没頭している時間は、時間の進みが早いので、暇だと感じることはありません。

また、幸福感や充実感が増しますので、1日楽しかったなと感じることもできるでしょう。

体を休める

最後は体を休めることです。

ダラダラするのと一緒じゃないの?

このように感じる方もいるかもしれませんが、少し違います。

ここでいう体を休めることは、例えば、

  • ゆっくりとお風呂に浸かる
  • マッサージをしてもらう
  • 早く寝る

このように、いうなれば回復を目的とします。

定時上がりをしていても、働いていれば疲れは溜まります。

私もたまに温浴施設やマッサージに行きますが、体力が回復することはもちろん、翌日の体のコンディションが良くなると感じています。

単にダラダラすると、かえって疲れが溜まることがありますが、このような心配がありません。

時間に余裕があるのであれば、たまには体を休める時間を取ってみてはいかがでしょうか。

仕事に支障をきたすほど定時上がりに活動するのはおすすめしない

主に自己研鑽とリフレッシュに焦点を絞り、定時上がり後におすすめの過ごし方をご紹介しました。

よし、これから頑張るぞ!

このように思った方はぜひ頑張ってみてもらいたいのですが、頑張りすぎは禁物です。

私も経験がありますが、副業を始めた当初は作業に没頭しすぎて睡眠時間を削ってしまい、仕事中に眠くなることが多かったです。

このように、本来の生活や仕事に支障をきたしては本末転倒です。

自分にとって無理のない範囲で、あくまでも定時上がり後の時間を充実させるくらいで最初は頑張ってみてください。

【まとめ】定時上がり後の暇な時間を今日から変えましょう!

今回は、定時上がり後が暇だと感じている社会人に向けて、定時上がり後におすすめの過ごし方をご紹介しました。

定時上がり後におすすめの過ごし方
  • 副業
  • 資格の勉強
  • 読書
  • 趣味に没頭
  • 体を休める

それぞれのメリットについて知ることができたのではないでしょうか。

自分が手を付けられそうなことから行動に移してみてください。

平日の5日間すべてを充実させる必要はありませんので、まずは1日だけ生活を改善してみるのもおすすめです。

今日から仕事終わりの時間を、少しだけ充実した1日にしてみてはいかがですか?

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事の執筆者
むさし

✓20代半ばの一般社会人
✓人間関係が原因で、大手ハウスメーカーを約半年間で休職→退職
✓教育系ホワイト企業への転職に成功
✓若手社会人の方へ、仕事の悩み解消法や第二新卒の転職について発信

むさしをフォローする
仕事
スポンサーリンク
むさしをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント