20代で2回目の転職ってどう?実際に経験して感じたことを紹介します!

スポンサーリンク
転職

こんにちは、むさしです。

今回は、20代で2回目の転職ってどう?実際に経験して感じたことを紹介します!という内容でお話しいたします。

20代で2回目の転職はさすがに厳しいかな…

20代のあなたは2回目の転職を検討したものの、このように悩んでいませんか?

やってみないとわからない!

と思ってはいても、20代で2回目となると少し躊躇してしまいますよね。

実際に私は20代で転職活動を2回経験しましたが、結論を申し上げますと、20代で2回目の転職は対策さえすればそこまで厳しくはありません。

そこで今回は、20代で2回目の転職を成功させるポイント気をつけるべきポイントをご紹介します。

この記事を読んでわかること
  • 20代で2回目の転職を成功させるポイント
  • 気をつけるべきポイント
  • 20代で2回目の転職におすすめの転職エージェント

ぜひ最後までご覧ください。

20代で2回目の転職はぶっちゃけ難しいのか

冒頭でも申し上げましたが、20代で2回目の転職は対策さえすればそこまで難しくはありません。

実際に私は、2回目の転職活動では1回目よりも早い段階で内定を獲得することができています。

ただ、最初の段階で多少の難しさを感じる方は多いでしょう。

  • 経験が浅い
  • 次もすぐに辞めるのではないかと思われる
  • 何かしら問題があるのではないかと疑われる

このように、ある程度の経験を積んで転職活動を行う方よりもデメリットがあるので、難しさを感じるでしょう。

ですが、もちろんメリットもございます。

  • 転職活動の進め方がわかっている
  • 多種多様な業務経験がある

この辺りについては2回目だからこそ転職活動が進めやすくなるところです。

デメリットに対してはしっかりと対策し、メリットを上手く活用する。

これができれば、20代で2回目の転職であっても、そこまで難しくはありません。

20代の方が2回目の転職を成功させるポイント

20代の方が2回目の転職を成功さえるためには、具体的にどうすれば良いのでしょうか。

ここからは、転職を成功させるポイントを具他的に解説します。

  • マイナス面に対する対策をする
  • 転職の理由は明確かつポジティブにする
  • 個人でも求人に対して積極的に応募する

主に以上3点がポイントです。

それぞれ順番に解説いたします。

マイナス面に対する対策をする

2回目の転職だからこそ出てきてしまうマイナス面の対策をしましょう。

先程も申し上げましたが、

  • 経験が浅い
  • 次もすぐに辞めるのではないかと思われる
  • 何かしら問題があるのではないかと疑われる

このあたりは、20代で2回目の転職だからこそ出てくるマイナスポイントです。

あなたがもし採用担当だとしても、求職者のマイナスポイントをできるだけ払拭したいと思いますよね。

つまり、採用担当は求職者のマイナスポイントに対して必ず質問をしてきます。

ここを対策しない手はないですし、逆を言えば、マイナスポイントに対する対策ができれば面接の進めやすさも大きく変わります。

ですので、

  1. 2回目の転職だからこそのマイナスポイントを洗い出す
  2. 自分が採用担当だったら自分にどんな質問をするか考える

この2つを徹底して行いましょう。

転職の理由は明確かつポジティブにする

転職理由には特に注意しましょう。

もしあなたが採用担当だとして、20代で2回目の転職活動を行う求職者と出会ったら、

どうして2回目の転職をしようと思ったのですか?

このように、転職理由は特に気になりませんか?

何か大きな理由や問題があったから転職を決意したのではないか、と思うはずです。

このように、特に気になる転職理由は、採用担当の記憶に残りやすいです。

記憶に残りやすいからこそ、

  • なんとなく転職しようと思った
  • 今の会社が嫌だから
  • 給料が低いから

このように、曖昧でネガティブな転職理由はNGです。

今日面接した人は転職に前向きだった

採用担当者に良い印象を残すために、例えば、

〇〇という仕事を通してマーケティングに興味を持ち、1から学びたいと思ったから

ほんの一例ですが、このようにポジティブに伝える意識を持ちましょう。

個人でも求人に対して積極的に応募する

20代で2回目の転職では、転職エージェントだけに頼らず、個人でも積極的に転職活動を進めましょう。

もちろん転職エージェントを利用することも重要ですし、私は2回目の転職活動でも使ったほうが良いと思っています。

ですが、それと並行して個人でも求人へ応募することが大切です。

転職エージェント経由での応募は、採用する企業側にとっては莫大な費用がかかります。

つまり、それ相応に書類選考などの通過率が高くなります。

それと比較して、転職サイト経由での応募は企業側としても採用コストを抑えられるので、転職エージェントを経由するよりも選考の難易度が低くなる場合があります。

実際に私は2回目の転職活動で、

  • 転職エージェント経由
  • 転職サイト経由

これらを並行して転職活動を行いましたが、圧倒的に転職サイト経由のほうが書類選考の通過率が高かったです。

少しでも転職活動の成功率を高めるために、個人でも積極的に求人へ応募しましょう。

おすすめの転職サイトについては、20代の方におすすめの転職サイト5選をまとめていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

参考記事

20代の方が2回目の転職で気をつけるべきポイント

続いては、20代の方が2回目の転職で気をつけるべきポイントをご紹介します。

  • ネガティブな話は避ける
  • 無職の期間を最小限にする
  • 自分に自信を持つ

以上の3点です。

こちらも順番に解説していきます。

ネガティブな話は避ける

先程ご紹介した転職を成功させるポイントと少し被りますが、ネガティブな話は極力避けましょう。

例えば、

  • 会社でパワハラされた
  • 仕事にやる気が出なくなった

このような話は、可能な限り避けましょう。

パワハラを受けたことや仕事にやる気が出なくなったことが本音だということはわかります。

ただ、それを伝えたところで採用担当はどのように思うでしょうか?

前の会社で辛かっただろうから、うちの会社で採用してあげよう

このようなことはまずありません。

採用担当者も1人の社会人です。

つまり、採用業務は仕事に過ぎません。

ネガティブな話ばかりする求職者と前向きな話をする求職者であれば、当然後者を採用したくなるでしょう。

採用担当者に良い印象を持ってもらうためにも、極力ネガティブな話は避ける意識を持ちましょう。

無職の期間を最小限にする

働きながら転職活動をする方は問題ありませんが、会社を辞めてから転職活動を行う場合は、無職の期間を最小限にしましょう。

1度会社を辞めて、リフレッシュしてから転職活動をしたい

このように思う方もいるかもしれませんが、転職活動ではマイナスになる場合があります。

無職の期間が長くなってしまうと、

仕事を辞めてから今まで何をしていましたか?

このような質問をされる場合があります。

例えばプログラミングの勉強など、次の転職先に通ずる学習期間にしていた場合は問題ありませんが、多くの方は回答に困ってしまうと思います。

遊んでいたのかな?

このように思われないためにも、無職の期間は最小限にしましょう。

参考記事

自分に自信を持つ

20代で2回目の転職となると、

自分は本当に転職できるのだろうか

このように、ネガティブな気持ちになってしまうかもしれません。

ですが、自分に自信を持ちましょう。

採用担当者に、

この人は自信がなさそうだな

このように思われてしまっては、恐らく採用されることはありません。

仕事ができるのか不安になるでしょうし、採用したいという気持ちにさせることができないでしょう。

不安になる気持ちはとてもわかります。

ですが、しっかりと対策して自分の思いを伝えることができれば、20代で2回目であっても転職は必ず成功します!

この人を採用したい

このように思ってもらうためにも、自分に自信を持ってください。

20代で2回目の転職におすすめの転職エージェント

最後に20代で2回目の転職活動を検討する方に、おすすめの転職エージェントをご紹介します。

20代で2回目の転職であれば、以上の3つがおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、とにかく求人数が多い転職エージェントです。

希望に合致する求人がない

転職活動を進めているとこのように感じることがありますが、リクルートエージェントに登録しておけば、必ず希望に合致する求人を見つけることができます。

実際に私は2回目の転職活動でリクルートエージェントを利用しましたが、20代で2回目でも丁寧に対応してもらえました。

多くの求人を確認したい方にはおすすめです。

\充実の非公開求人数を誇る、業界最大手の転職エージェント!/

マイナビジョブ20’s

マイナビジョブ20’sは、20代に特化した転職エージェントです。

紹介してもらえる求人は20代の方を採用したい企業ばかりですので、ミスマッチが生じにくいです。

求人数は多くないですが、1つ1つの求人に対して徹底的に対策を行うので、転職エージェント経由では比較的選考の通過率が高くなります。

実際に私も利用しましたが、5つ応募して書類選考落ちは1つでした。

限られた時間のなかで効率的に転職活動を進めていきたい方にはおすすめです。

\20代のための転職エージェント!第二新卒、20代は登録必須です!/

就職shop

就職shopは、書類選考なしで選考に進める特徴的な転職エージェントです。

20代で2回目の転職活動をしてみて感じましたが、やはり最初に立ちはだかるのは書類選考です。

せっかく気になる求人を見つけても、書類選考で落とされてしまっては次の選考に進めず、自分の言葉で思いを伝えることはできません。

ですが、就職shopであれば、気になる求人を見つけたら次は面接です。

面接が得意な方にとっては最適な転職エージェントですので、ぜひご覧になってみてください。

\書類選考なしで選考可能!20代の利用者が9割の転職エージェント!/

【まとめ】20代で2回目の転職でも自信を持ちましょう!

今回は、20代で2回目の転職を成功させるポイント気をつけるべきポイントをご紹介しました。

20代で2回目の転職を成功させるポイント
  • マイナス面に対する対策をする
  • 転職の理由は明確かつポジティブにする
  • 個人でも求人に対して積極的に応募する

気をつけるべきポイント
  • ネガティブな話は避ける
  • 無職の期間を最小限にする
  • 自分に自信を持つ

20代で2回目の転職は、多少の難易度は上がります。

ですが、しっかりと対策さえすれば問題ありません。

2回目だからこその対策を行い、自分に自信をもって転職活動を行いましょう。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

この記事の執筆者
むさし

✓20代半ばの一般社会人
✓人間関係が原因で、大手ハウスメーカーを約半年間で休職→退職
✓教育系ホワイト企業への転職に成功
✓若手社会人の方へ、仕事の悩み解消法や第二新卒の転職について発信

むさしをフォローする
転職
スポンサーリンク
むさしをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント