転職か異動か、選択に迷った方にそれぞれのメリットをご紹介します!

スポンサーリンク
転職

こんにちは、むさしです。

本日も「誰かの役に少し立つつぶやき」をモットーにやっていきます。

今回は、転職か異動か、選択に迷った方にそれぞれのメリットをご紹介します!という内容でお話し致します。

仕事の環境を変えたい

このように感じたとき、まず考えるのが、転職か異動だと思います。

私は社会人1年目に転職、社会人2年目に異動を経験しておりますが、そこで感じたことは、

どちらも仕事の環境を変えることができるが、それぞれ違ったメリットがある

ということです。

私は転職か異動か、どちらの選択をするべき?

このように迷った方々に、今回は転職と異動のそれぞれのメリットをご紹介します!

こんな方には特におすすめ
  • 仕事の環境を変えたい
  • 転職か異動か迷っている
  • 転職と異動、どちらも経験した人の意見が聞きたい

このような方々が、転職か異動かの選択に迷ったときの参考にすることができます!

ぜひ最後までご覧ください。

転職か異動か迷ったら、基本的にまずは異動を検討しましょう

基本的にですが、まずは異動を検討すると良いでしょう。

理由としては、簡単に仕事の環境を変えることができるからです。

転職を検討するとなると、

  • 転職サイトに登録する
  • 職務経歴書を作成する
  • 転職対策をする

このように、やらなければいけないことがたくさんでてきます。

それ相応に時間を必要としますし、大変です。

しかし、異動の場合上司や人事とのやりとりだけで完結します。

実際に私も異動を経験しましたが、異動したいという気持ちを伝えるだけなので、かなり簡単でした。

転職と比較してリスクも低いので、まずは異動を検討してみると良いでしょう。

ただし、転職には転職ならではのメリットが存在します。

異動では叶えられないことが、転職では叶えられる場合もありますので、ここからご紹介する、

転職と異動、それぞれのメリット

をぜひ参考にしてみてください。

異動のメリット

まずは異動のメリットからご紹介します。

異動のメリットは、

  • リスクなく仕事の環境を変えることができる
  • 慣れている会社で働き続けることができる
  • 給与体系が変わらないことが多い

以上の3点です。

順番に解説いたします。

リスクなく仕事の環境を変えることができる

転職の場合ですと、

  • 今の会社を辞めなければならない
  • 次に転職した会社が自分に合わないかもしれない

このようなリスクを伴います。

つまり、今の仕事環境を手放し、新しい仕事環境を手に入れなければなりません。

本当に今の会社を辞めて後悔しないだろうか

転職をするとき、必ずと言っていいほど1度は考えることだと思います。

ですが、異動の場合はこのようなリスクを伴わず仕事環境を変えることができます。

人間ですから、誰しも環境を変えるときは不安が生じることが多いと思いますが、既に慣れている会社で部署が変わるだけなので、不安も最小限にできます。

社内的に異動できる部署がありさえすれば、簡単に仕事環境を変えることができるので、仕事の環境を変えたいと思うのが初めての方にとって、異動は最適でしょう。

慣れている会社で働き続けることができる

異動の場合、所属している会社はそのままで、仕事の環境だけ変えることができます。

現在の会社に入社した当時を思い出してみてください。

  • 会社のシステムを覚えなければいけない
  • 誰一人社員の名前を知らない
  • とにかく緊張する

このように、何かと大変だったかと思いますが、異動であればこれらの心配はございません。

転職のように、すべてが新しい環境になるよりも、気持ち的に楽な部分が多いでしょう。

福利厚生を保ちたい方、人間関係仕事内容をピンポイントで変えたい方には特におすすめのポイントです。

給与体系が変わらないことが多い

仕事環境を変えたいけど、給料が下がるのは厳しい

このような方も多いと思います。

転職の場合、給料が上がる可能性も下がる可能性もあるので、それ相応にリスクがあります。

ですが、異動ですと給与体系は変わらないことがほとんどです。

会社の給与制度によって異なる部分ではありますが、社員のランクによって給料を定めている会社であれば、恐らく変わらないでしょう。

絶対に給料は下げたくない

年次が高い方や、結婚している方に多いと思いますが、このような方々は異動を検討すると良いでしょう。

転職のメリット

次に転職のメリットをご紹介します。

転職のメリットは、

  • 自分にとって理想の仕事内容や環境を探すことができる
  • 自分のペースで仕事環境を変えることができる
  • 業種を変えることができる

以上の3点です。

転職については、異動では叶えられないことを実現することができます。

こちらも順番に解説いたします。

自分にとって理想の仕事内容や環境を探すことができる

異動の場合ですと、基本的に社内で空いている仕事に就くため、自分の希望通りにいかないことがあります。

その点、転職は自分にとって理想の仕事内容や環境を選択することができます。

特に若い方であれば、

  • 第二新卒歓迎
  • 未経験歓迎

このような求人に応募することも可能ですので、自分の希望通りに仕事環境を変えやすいです。

現在の仕事環境を少し変えたい方も、大きく変えたい方も、転職であれば実現できます。

自分のペースで仕事環境を変えることができる

先に述べたように、異動は基本的に社内に空きがないとできません。

つまり、自分が仕事環境を変えたいと思ったときに、

今は異動できる環境がない

なんてこともあります。

ですが、転職の場合は求人が出ている企業にいつでも自分のペースで応募することができるので、時期を問いません。

  • 仕事量が多すぎてもう限界
  • 今すぐに人間関係をリセットしたい

このような、急を要するときに仕事環境を変えることができないのは結構しんどいです。

ですので、今すぐに仕事環境を変えたいと思う方は、転職を検討すると良いでしょう。

業種を変えることができる

転職では、業種を変えることができます。

転職ならではのメリットですね。

異動だとどうしても、不動産業であれば不動産業ですし、サービス業であればサービス業です。

つまり、今の業種が嫌になったり、他の業種に興味を持ったりしても、そのままでいるしか選択肢はありません。

ですが、転職であれば問題ありません。

例えば営業であれば、メーカーから不動産へ業種を変更することは十分に可能です。

このように、ガラッと環境を変えることができるのが転職のメリットです。

転職しないと問題が解決しない方へ

  • 自分にとって理想の仕事内容や環境を選びたい
  • 今すぐに仕事環境を変えたい
  • 業種を変えたい

以上のように、転職しないと問題が解決しないという方もいらっしゃると思います。

このような方に、まずおすすめしたいことは、

  • 転職についての知識をつける
  • 転職エージェントに登録して話を聞く

以上の2点です。

転職についての知識をつける

何事も無知であることは危険です。

就活と同じ感じでいけるだろう

このように思う方もいるかもしれませんが、転職活動は就活とは全然違います。

まずは少しでも転職に詳しくなり、転職の準備をしましょう。

転職について知識をつける方法としては、『転職2.0』を読むことをおすすめします。

転職についての知識をつけられることはもちろん、これからの転職についても学ぶことが可能です。

『転職2.0』については、過去に要約記事としてまとめておりますので、ぜひ1度読んでみてください。

転職エージェントに登録して話を聞く

本で知識をつけることも重要ですが、実際に転職に携わっている人から情報を得ることも大切です。

転職エージェントは登録することで、

  • 転職を1からサポートしてくれる
  • 非公開求人を紹介してくれる
  • 自分の悩みを聞いてもらえる

無料でこのようなメリットを得ることができます。

特に初めての転職であれば利用しない手はないと思いますので、ぜひ活用してみてください。

おすすめの転職エージェントについては、

以上をまとめておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

【まとめ】転職か異動か迷ったら、まずは行動してみましょう

今回は、転職か異動のどちらを選択するか迷っている方に向けて、転職と異動のそれぞれのメリットをご紹介しました。

異動のメリット

  • リスクなく仕事の環境を変えることができる
  • 慣れている会社で働き続けることができる
  • 給与体系が変わらないことが多い

転職のメリット

  • 自分にとって理想の仕事内容や環境を探すことができる
  • 自分のペースで仕事環境を変えることができる
  • 業種を変えることができる

転職か異動か、どちらにせよ早め早めの行動をおすすめします。

ずっと迷っていると、結局行動するのが面倒になり、我慢しながら仕事をすることになりかねません。

短期的には大丈夫かもしれませんが、長期的にはかなりしんどいことになります。

ですので、自分にとって転職か異動、どちらがベストなのかを早めに知り、行動に移しましょう!

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

転職
スポンサーリンク
musashi-tubuyakiをフォローする
スポンサーリンク
むさしのつぶやき

コメント